Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iimanabi.net/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

ゴルフスイングには回転より捻転が重要

ゴルフスイングでは、体の回転が重要だと言われていますが、実際には回転よりも捻転のほうが重要です。

回転と捻転は似たような言葉ですが、回転と捻転には大きな違いがあります。

特に、ドライバーショットでまっすぐ飛ばしてかつ飛距離をアップさせたいなら、「捻転」、つまり体のひねりが必要です。

体を回転させて、回転の速さをアップさせたとしても、それだけではパワー不足です。パワーを出したいなら「捻転」を意識しましょう。

捻転というのは体の捻りです。体をひねるというのは、全身の筋肉が動くため、その分力は大きくなり、小さなスイングであっても、ボールを遠くへ飛ばすことができるのです。

回転と捻転の違いは、この全身の力、筋肉を使っているかどうかの違いになります。

回転だけでは、いくら一生懸命頑張って、体を速く回転させても、ボールは思ったほど遠くへは飛びません。

それどころか余分な力が入って、ボールが、曲がってしまったり、体を痛めてしまったりします。

捻転を上手に使えるようになると、捻転によって腰と肩の角度も変わり、全身を使ったゴルフスイングが出来るようになります。