Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iimanabi.net/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

イントラレーシックとは?

一口にレーシックと言っても、いろいろな方法があります。
そして、最近人気のレーシックとして、『イントラレーシック』という方法があります。

イントラレーシックというのは、レーシック手術の特徴であるフラップ(蓋)を高精度医療用レーザー(イントラレース社製イントラレースFSレーザー)で作成するという、最先端のレーシックです。

イントラレーシックは、これまでのマイクロケラトームを使った方法とは違って、コンピューター制御によりフラップをより精密に作成することができるのが特長です。その後は通常のレーシックと同様、角膜にエキシマレーザー当てて角膜の屈折異常を矯正し、フラップを元に戻します。

イントラレーシックは、コンピュータ制御でフラップを作成するので、医師の技術に左右されにくく、失敗が少ないというメリットがあります。

また、フラップの断面が傾斜しているこれまでのレーシックに比べると、断面が直角に切断されるイントラレーシックはフラップが外れにくく、術後の安定度が増したといわれています。

フラップをより精密に作れることから、これまでのレーシックでは難しいとされてきた角膜の薄い人、強度近視の人も治療が受けられるようになりました。

イントラレーシックには、通常のレーシックに比べてメリットもありますが、デメリットもあります。

イントラレーシックのデメリットとしては、まずは、通常のレーシックに比べるとフラップが角膜の土台部分に対して小さめに作られるので、術後フラップの据わりが悪く、糸で固定する必要が出てくるケースがあります。更に、通常のレーシックに比べて術後の炎症が起きやすいともいわれます。

そして、手術時間が通常のレーシックよりも長く、手術費用が幾分高目なのもデメリットの一つです。

イントラレーシック手術を受ける時は、レーシック眼科などのサイトを参考に、イントラレーシックのメリット・デメリットを理解した上で、医師とよく相談し、納得してから手術を受けるようにしましょう。