短眠睡眠で受験に合格しよう!

毎日時間が足りなくて、もっと時間があればなと思っている人がたくさんいます。

ビジネスマンでも、主婦でも、毎日の時間が足りないと思っています。

その中でも、特に切実にもっと時間がほしいと思っているのが受験生ではないでしょうか?

受験生は、限られた時間で膨大な範囲の受験勉強をしないといけないので、いくら時間があっても足りませんよね。

そこで、受験生の人におすすめなのが、最近話題の短眠睡眠です。

短眠睡眠をマスターして実践すれば、今までより1日数時間、受験勉強に使える時間が増えます。

短眠睡眠にすると睡眠時間が少なくなるので、昼間眠くならないかというのが心配ですが、短眠睡眠では睡眠量は減りますが、ちょっとしたコツで睡眠の質を落とさず、今まで以上に集中して勉学に励めるのです。

そのコツですが、まずは深夜の0時から5時を含んだ時間は、必ず寝るように心がけます。

何故なら、この時間に成長ホルモンがでるので、この時間帯に睡眠をとる事が大切なのです。

そして、我々の睡眠リズムには、レム睡眠とノンレム睡眠があって、このリズムが90分周期で繰り返されています。

ノンレム睡眠は眠りが深く、脳を休ませる睡眠になり、レム睡眠は脳ではなく体が眠る睡眠になります。

どちらの眠りも重要で、身体の調子を整えてくれるのはノンレム睡眠で、記憶力に働きかけてくれるのがレム睡眠になります。

それから、短眠睡眠によって、万一日中眠くなったら、午後3時までに15分から20分程の仮眠をとってください。

仮眠をとる事で勉強の効率が上がります。

睡眠の質を上げる短眠睡眠をぜひ受験勉強の為に、取り入れてください!

合格に差がつく短眠睡眠の秘密が興味ありませんか?

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です