短眠術で熟睡出来るようになる

最近、不眠症で悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

毎晩ぐっすりと熟睡したいと思っていても、なかなか寝付けない。
寝付いてもすぐに起きてしまう。

そこで、どうすれば熟睡できるかと調べていると、熟睡には短眠がいいという事に出会いました。

最近、短眠が話題になっている様ですね。もし短眠で熟睡できるのなら実践したくないですか?

何故、短眠で熟睡出来るかですが、まず睡眠時の脳波について説明します。

私達人間は、睡眠時に二つの脳波が繰り返し出ているのです。

その脳波とはレム睡眠とノンレム睡眠と言われているものです。

レム睡眠というのは、脳はまだ眠っていない状態で、眼球が動いています。レムというのは、英語で眼球が動いていると言う意味です。

このレム睡眠では、傷や肌の回復を行っています。

もう一つの脳波であるノンレム睡眠は、深い眠りで、脳も休憩している睡眠です。

熟睡というのは、このノンレム睡眠を充分とった睡眠で、次の日に疲れが残っていません。

そして、レム睡眠とノンレム睡眠の時間ですが、長時間寝ている人も、短時間睡眠の人もノンレム睡眠の時間は、同じぐらいで、長時間睡眠の人はレム睡眠の時間が長くなっているのです。

通常、寝入りは深い睡眠のノンレム睡眠で、その後ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に繰り返され、明け方になるとレム睡眠が多くなってきます。

ですから大切なのは、寝入りの熟睡、ノンレム睡眠です。

寝入りを熟睡するには、寝る前はリラックスする事と、直前の食事を控え、パソコンやテレビのモニターを見ないようにする事です。

短眠術で熟睡をすれば、翌日の目覚めは快適になります!

短眠術で熟睡出来るようになるのです。

熟睡できていない人は、この短眠術にトライしてみませんか?

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です