睡眠サイクル改善で寝起きが良くなる

毎朝の目覚めは快適ですか?
毎朝、すっきりと目覚めていますか?
あと5分、もう少しと、布団から出られなくはないですか?

毎朝の目覚めが良くない人は、睡眠のサイクルを見直す事で目覚めが良くなります。

具体的には、午後10時から午前2時までの間に睡眠をとる睡眠サイクルとすることです。

この時間は睡眠のゴールデンタイムとも言われていて、成長ホルモンが活発に分泌される時間帯です。

成長ホルモンというのは、肌の再生や身体のコンディションを整える為に必要なホルモンで、成長ホルモンが活発に分泌される事で、身体の回復が早くなります。

睡眠中に前日の疲れが回復すると、翌朝すっきりと目覚める事にが出来ます。

毎朝の快適な目覚めには、前日の疲れを回復すること、そして、前日の疲れを回復するには、睡眠中に成長ホルモンが活発に分泌されることです。

この為に大事なのが、睡眠サイクルをゴールデンタイムに合わせたサイクルにすることです。

しかし、忙しい現代社会では、仕事や遊びで忙しく、寝るのがついつい遅くなりがちですね。この22時から2時までの4時間をしっかりと熟睡するというのはほとんど不可能に近いかもしれません。

だからといって諦めずに、まずは、この半分の時間を確保しましょう。つまり、0時までには布団に入って睡眠する様にしましょう。

最初はなかなか寝付けないかもしれませんが、1週間もすると、翌朝の目覚めが変わってくる筈です。

睡眠サイクルを見直して、毎朝の目覚めをすっきりさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です