精神的な悩みがあると熟睡出来ない

あなたは、夜ぐっすりと眠れていますか?
就寝時、布団に入ると寝付きよく眠れますか?

短眠には、寝付きよく熟睡することが必要ですが、最近は、睡眠不足、睡眠障害で悩んでいる人が増えています。

睡眠障害の原因で一番大きいのが精神的な悩みです。

悩み事があると、布団に入ってからも色々考えてしまい、寝付きが悪くなってしまいます。

短眠での良質な短い睡眠の為には、早く寝つき熟睡する必要があるのです。

熟睡状態の深い眠りは、ノンレム睡眠の状態ですが、この深い眠りの時に心身の疲れを回復し、成長ホルモンも分泌されるのです。

成長ホルモンが分泌されることで、精神的な部分の乱れを改善、整えてくれます。

不安やストレスをかかえたまま寝ても、深い眠り、熟睡出来ず、翌朝までそれらの不安やストレスが残ったままになってしまいます。

こういった不安やストレスがあると、精神的なストレス→寝れない→改善しない→ストレス増加と悪循環になってしまいます。

ですから、熟睡のため、短眠の為には、まずはストレスを軽減することです。

ストレスで寝れないと感じたら、病院での相談をお勧めします。

精神的な悩みを解決させて、質の良い眠りをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です