左脳速読法で難関大学にチャレンジ

これから大学受験だけど、自分の実力ではあまりレベルの高い大学は無理!

憧れの大学はあるけど、自分の偏差値では合格しそうにない!

難関大学を目指したいけど、自分には記憶力もないし、とても無理!

これから大学受験を迎えるのに、最初からこうい弱気になっていませんか?

難関大学に合格できる人と合格できない人の違いは何でしょうか?

「難関大学に合格出来る人は、元々頭がいい」でしょうか?

いいえ違います。

難関大学に合格出来る人と合格できない人の違いは、元々の頭の出来ではありません。

難関大学に合格できた人は、それだけの努力をしてきた人です。

誰でも努力すれば、難関大学を目指すことができるのです。

しかし、問題は、受験勉強の限られた時間でいくら努力しても、インプットできる量は限られていて、とても難関大学受験に必要な情報を全てインプットすることは出来ない、という事ではないでしょうか?

それならば、速読を試してみてはどうでしょうか?

速読が出来るようになると、同じ時間でも脳にインプットできる情報量が格段に増えます。

でも、速読しても、「文章が早く読めるだけで、記憶には残らないからあまり効果無いんではないか?」

という疑問があるのも事実です。

速読には、右脳を使った速読法と、左脳を使った速読法があります。

左脳は、論理的な思考、言語、物事を理解し記憶する脳です、

この左脳を使った「左脳速読法」なら難関大学に合格するために必要な情報を、限られた時間でインプットすることができます。

この左脳速読法で難関大学の受験勉強をすれば、難関大学に合格できる可能性が高くなります。

難関大学合格が夢ではなくなる左脳記憶法

【無料】スキマ時間で出来る、新世代の速読法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です