速読でTOECの点数が良くなる

突然ですが、皆さんは英語の試験のTOEICを受けた事がありますか?

TOEIC試験を受けたことがある方ならおわかりだと思いますが、TOEIC試験では、決められた試験時間で膨大な量の英文を読んで設問に回答しなければなりません。

TOEIC試験を受けると、時間が足りなくて、最後の長文はほとんで手がつけられなかったという話もよく聞きます。

速読術をマスターすると、文章が早く読める様になります。

これは、日本語に限らず、英文でも同じです。

速読術の中には、文字は早く追えるけど、内容は理解していないという方法もあります。

例えば右脳型速読術ですね。

右脳型速読術は、文字をイメージとして捉えるので、内容の理解には向いていません。

右脳型速読術でも、イメージとして捉えた情報を、意味のあるものとして変換すれば、内容の理解も出来ますが、短時間でこれが出来るようになるためには、トレーニングを重ねることが必要です。

文章を早く読みながら、かつ内容を理解するには、左脳型速読術が有効です。

左脳型速読術を活用すれば、英語でも日本語でも問わず、文章を早く読むと同時に、その内容を理解することもできます。

勿論、左脳型速読術は、英語だけでなく、そのい他の言語にも有効です。

左脳型速読術については、この無料レポートがおすすめです。

→ 【無料】スキマ時間で出来る、新世代の速読法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です