レーシックの後遺症

レーシック手術は外科手術なので、後遺症が残らないかという心配があります。

レーシックに限らずどのような外科手術でも、完全に安全なものはありません。

レーシック手術にも、確率は低いですが、失明や合併症、後遺症などのリスクがあります。

レーシックの最もよくある後遺症のひとつがドライアイです。これはレーシック手術で角膜にフラップを作る際、角膜中心部の知覚神経を切断してしまうために起こるもので、現状、術後約3割ほどの人がドライアイを感じていると言われています。

それから、ハロー・グレアと呼ばれる現象で、夜、光が滲んで見えたり、まぶしく感じたりする症状があります。

これは瞳孔を開く大きさよりもレーザーの照射口径が小さい場合に起こる現象で、手術前にしっかりと瞳孔の大きさを測っておくことで、ある程度防ぐことができるものです。

レーシックの失敗例としては、折角手術したのに、視力が元に戻ってしまうということがあります。この場合は、再手術によって再び視力を回復することができます。

レーシック手術を行う医師のスキルが低いと、角膜が歪んでしまい不正乱視のような状態になってしまったり、角膜の過矯正により遠視のような状態になってしまうこともあります。

また、十分な角膜の厚みを残さず手術を行った場合、眼圧で角膜中心が圧し出されて視力が低下するということもあります。
こうなってしまうと、再手術で視力を矯正する事も出来ないし、メガネで視力を矯正することも出来なくなってしまいます。

レーシック手術を行う時は、費用で医院やクリニックを決めるのでなく、実績があって信頼出来る医師が手術を行なってくれるところを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です