視力回復コンタクトとレーシック

視力回復コンタクトというのは、寝る時に装着して、視力を回復させるというコンタクトレンズです。寝ている時にもコンタクトレンズを装着する事によって、角膜の形状を扁平にして、近視を矯正するというものです。

この視力回復コンタクトは、手術をしなくてもいいので、最近人気がでてきています。

視力回復コンタクトは、寝る時に装着して角膜の形状を変化させるので、睡眠時間が短いと効果が薄くなります。

又、視力回復コンタクトは、若いほど効果が大きく、高齢者になると、角膜が硬くなるので?効果が出にくくなります。視力回復コンタクトは万能ではなく、適切な使用方法を守る事で高い効果を発揮するのです。

これに対し、外科手術によって視力を回復する方法がレーシックです。

レーシックは、外科手術といってもレーザーを使った簡単な手術で、手術時間は十数分程度です。

レーシックでは、レーザーを使って角膜を薄く削って、焦点が丁度網膜に合うようにするものです。

レーシックは外科手術なので、一度手術をすれば、その効果は半永久的に続きます。

これに対し、視力回復コンタクトでは、一時的に角膜の形状を変形させるだけなので、視力回復コンタクトの使用を止めれば、元に戻ってしまいます。

視力回復コンタクトは、日常的に使い続けないといけないという煩わしさがあります。

レーシックと視力回復コンタクトを比べた場合、どちらが優れているという事ではなく、自分の目的と安心感、そして状況に合わせてレーシックなのか視力回復コンタクトなのかを選んでいくと良いでしょう。

どちらも一長一短であり、必ずしも優劣をハッキリ付けられるものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です