視力回復コンタクトとは?

最近注目されている視力回復法の一つに、『視力回復コンタクト』というのがあります。

この視力回復コンタクトというのは、どの様なものなのでしょうか?

今まで、視力回復法としては、RKとかレーシックが有名でした。

レーシックは簡単な手術によって視力を回復する方法で、視力回復の効果はいいのですが、料金が高いことがネックでした。

この視力回復コンタクトは、コンタクトレンズを装着するだけで視力が回復するという、夢の様な視力回復法です。

では、この視力回復コンタクトの原理はどうなっているのでしょうか?

通常のコンタクトレンズは、コンタクトレンズを装着している間だけ視力が矯正されますが、この視力回復コンタクトは、視力そのものを回復させるというコンタクトです。

視力回復コンタクトとは、正式にはオルソケラトロジーといって、特殊な形のオルソレンズを、夜、寝ている間だけ付けておくことで、昼間は裸眼で過ごすことができる画期的な視力回復治療のことです。

視力回復コンタクトは、夜間治療用の超高酸素透過性のハードコンタクトレンズ、オルソレンズを用いて角膜の形を矯正します。そうすると、昼間はコンタクトを外しても角膜の形が保たれているので、裸眼で過ごすことができるのです。

視力回復コンタクト、オルソレンズは夜寝る前に装着して、朝起きたら外すというのが一般的ですが、緊急の際には付けたままでも視力が出るので便利です。

視力回復コンタクトのメリットは、なんといっても眼の状態をいつでも元に戻せることでしょう。レーシック手術などでは一度矯正した角膜を元に戻そうと思ってもできませんが、視力回復コンタクトなら、うまくいかなくても装用を中止すればそれで眼の状態を元に戻すことができます。

視力回復コンタクトの使い方は簡単で、通常のハードコンタクトレンズと変わりません。通常のコンタクトレンズを扱える人であれば普通に使えます。

視力回復コンタクトは、子供の仮性近視、学校近視の治療にもいいとされています。小学校の高学年くらいになれば、ひとりで視力回復コンタクトを付け外しできるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です