Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iimanabi.net/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

正しいゴルフスイングでショットの精度アップ

ゴルフのラウンドをしていると、調子が悪い日でも、何度かはナイスショットがあるものです。

ゴルフスコアがいい人は、このナイスショットの確率が高く、ミスショットの確率が低いのです。

100をなかなか切れないゴルファーでも、ナイスショットは何度かあるので、そのナイスショットの確率を上げれば、100を切るのは簡単です。

では、ナイスショットの確率を上げるにはどうすればいいでしょうか?

ナイスショットがなかなか出なくて、ミスショットが多いなら、元々のスイングが間違っているのかもしれません。

スイングする時に、体重移動をしていると、体重移動の時にスイングの軸がぶれて、ミスショットになってしまうのです。

それなら、体重移動せずに、最初から左足に体重をかけておけばいいのではないでしょうか?

又、ナイスショットが出るのは、上半身と下半身のタイミングが合う時だけというのであれば、上半身と下半身のタイミングのとり方を変えればいいのではないでしょうか?

ボールを捉える瞬間に、クラブヘッドのスイートエリアで、ゴルフボールの芯をとらえることができれば、クリーンヒットになるのです。

このクリーンヒットの確率を良くするのが、正しいゴルフスイングです。

インパクトの瞬間に、クラブヘッドがきちんとゴルフボールに当たれば、ボールはまっすぐとんで飛距離も伸びるのです。