Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

14日間で短時間睡眠をマスターする秘訣

たった14日間で短時間睡眠をマスターする秘訣を公開!

短眠で睡眠障害を克服

| コメント(0)

短眠を実践すれば、睡眠時間を短く出来て1日24時間を今までよりももっと有効に使えます。

短眠というのは、短い睡眠時間でも熟睡してノンレム睡眠の時間は充分に確保するという睡眠法なので、ポイントは、寝入ったらすぐに熟睡するという事です。

そしてこの短眠は、睡眠障害にも効果的なのです。

一口に睡眠障害と言っても、睡眠障害には様々な種類があります。

1番多く有名なのが不眠症といわれる症状で、寝つきが悪い入眠障害や、夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒や眠った気がしない熟睡障害がこれにあたります。

このほかに過眠症と言われる睡眠障害もあり、これは、睡眠時間は十分なはずなのに、日中強い眠気がきてしまうという睡眠障害です。

これらの睡眠障害を改善する方法として、短眠が有効なのです。

なぜ短眠が睡眠障害に有効なのかというと、それは「短眠にすると睡眠の質があがる!」からです。

睡眠の質が悪いと言うことは、熟睡が出来ていない状態が続いている事になります。

短眠は短い睡眠の中に、ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムがしっかりとできて、目覚めが良く、続けると体調が良くなってきます。

短眠では、むやみやたらに睡眠時間を削るのではなく、短眠にする為に寝る前のリラックス時間や、食事制限などに気をつけて、熟睡出来る環境を整えているのです。

睡眠障害で悩んでいるなら、1度短眠を考えてみませんか?

睡眠障害にも効果的な短眠について、もっと詳しくは、これをご覧ください。

【無料】短時間睡眠になる秘訣

▲ ページトップへ