7つの習慣で睡眠を削ってもパワフルな生活

毎日を、健康的に、活動的に、パワフルに生きたいと思っています。

その為には、忙しい毎日でもパワフルに活動する時間が必要です。

睡眠時間を削り、その分仕事や趣味にパワフルに生きられたら素晴らしいと思いませんか?

パワフルに生きる為に、睡眠時間を短くできたらいいですね。

それでは、今回は、睡眠時間を短くする為の7つの習慣を紹介します。

まず一番大事な事は、睡眠時間を短くする為には、睡眠の質を上げる必要があるという事です。

その為の習慣の1つ目は、夕食は軽めを心がけ、寝る4時間前までには食事を済ませるようにするという事です。

習慣の2つ目は、禁煙する事です。
習慣の3つ目は、禁酒する事です。

寝る前に喫煙したり、飲酒したりすると熟睡出来なくんりますので、寝る前には禁酒、禁煙しましょう。

そして、習慣の4つ目は、昼間に適度な運動をする事です。

改まって運動する事が難しければ、1駅歩くくらいでも十分です。体が少し疲れる程度に、軽くウォーキングしましょう。

習慣の5つ目は、毎日起きる時間を一定にする事です。
どんなに前の晩が遅くなっても、翌朝の起きる時間をずらさない事が生活リズムを崩さない基本になります。

習慣の6つ目は、午後の眠い時間に最大20分までの仮眠をとる事です。午後3時までにとりましょう。
実際に寝込まなくても、目を少し閉じるだけでも十分脳を休ませる事ができます。

そして、最後の7つ目の習慣は、寝る前にリラックスタイムを作る事です。

リラックスタイムを作ることで、興奮していた脳を落ち着かせ、身体を睡眠モードにする事ができます。

この7つの習慣で睡眠時間を短くする事ができるので、余裕が出来た時間でパワフルな生活をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です