正しい睡眠リズムでストレス解消!

毎日が忙しくて、外的な刺激も多い現代社会では、ストレスを抱えている人が少なくありません。

ストレスが溜まると、体に悪影響が出てきます。

ストレスは知らず知らずのうちに溜まっていき、不眠症さらにはうつ病の原因にもなります。

ストレスを解消するには、ストレスの原因を取り除く事ですが、それがなかなか難しくて、いつまでもストレスを抱えている事になります。

ストレスの原因自体を解消出来ない時には、睡眠時間のリズムを正しくしましょう。

ストレスが溜まると不眠症の原因になりますが、しっかりと睡眠がとれていれば、ストレスは解消されます。

ストレスへの対処法として、睡眠リズムを安定させましょう。

睡眠リズムというのは、脳と体の疲れを取るための睡眠で、よく知られているレム睡眠とノンレム睡眠が90分の周期で繰り返される睡眠です。

その中でもノンレム睡眠が重要です。ノンレム睡眠中には大脳も休息し、ストレスを解消してくれる成長ホルモンが分泌されます。

この睡眠リズムを正しくして、朝は日の光を浴びて毎日同じ時間に起床しましょう。

前の晩に寝るのが遅くなった日も、翌日の起きる時間を変えないようにしましょう。

そうすることで正しい睡眠時間のリズムができます。

また寝る前も脳を興奮させるようなテレビや、パソコンそして喫煙は控えましょう。

ストレスを感じたら、睡眠時間のリズムを正しくして、早めにストレスを解消しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です