毎日4時間半の睡眠時間でも平気で過ごせる

毎日の限られた時間で、やることが多くて時間が足りないと嘆いていませんか?

もし毎日、7~8時間の睡眠をとっているのなら、その睡眠時間が半分の4時間半にできればいいですよね。

我々の眠りには、レム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠は眠りが浅く夢を見ている状態で、ノンレム睡眠は大脳も休息している状態で、深い眠りです。

そしてこのレム睡眠とノンレム睡眠は、90分周期で繰り返されるので、90の倍数分寝ると、良い目覚めが出来ます。

4時間半という睡眠時間は、このサイクルが3回繰り返された状態ですので、調度良い睡眠時間になります。

深い眠りであるノンレム睡眠をしっかりとっていると、次の日満足した目覚めになるのです。

ノンレム睡眠の割合は、眠り始めてから3時間の間が多いので、最低3時間以上は寝る必要があります。

朝のすっきりした目覚めの為には、目が覚める時は眠りの浅いレム睡眠である必要があります。

深い眠りから突然起こされると、頭がまだ眠っているので覚醒までに時間がかかるからです。

これらの事からも、4.5時間というのは、睡眠時間として適している一番短い時間になるのです。

4時間半の睡眠で毎日を過ごせたら素晴らしいと思いませんか?

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です