ショートスリーパーとロングスリーパーの違い

睡眠時間の長さで分けると、ショートスリーパーとロングスリーパーと分類されることがあります。

ショートスリーパーとロングスリーパーというのは、必要とする睡眠時間のタイプの違いの事です。

よく睡眠時間は7~8時間がベストだと言われていますが、実はこれ科学的根拠はなく、単に1日24時間を3で割っただけの数字に過ぎません。

必要な睡眠時間は人によって違います。睡眠時間に正解はなく、遺伝のタイプや昼間の活動量などによって、適切な睡眠時間は人によって違ってきます。

大まかには、6時間以下の眠りで、十分寝たと感じられる人はショートスリーパーで、10時間以上の眠りを必要とするのが、ロングスリーパーです。

ショートスリーパーで有名な人はナポレオンやエジソンで、ロングスリーパーで有名なのがアインシュタインです。

しかし殆どの人がこのどちらにも属さないバリュアブルスリーパーで、適正睡眠時間は、7~8時間の人が多いです。

ショートスリーパーの人は、外交的であまりくよくよ悩まないタイプが多く、逆にロングスリーパーの人は、内向的で失敗や悩みを考えこんでしまう人が多いです。

どちらかというと、ロングスリーパーの人の方は脳を酷使する人で、長時間の睡眠が必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です