徹夜をする人にはアンカースリープを!

仕事が忙しくなると、徹夜しても仕事をしないといけない事もります。

現代人は仕事が忙しく、徹夜続きの人もたくさんいます。

徹夜続きの人とか、毎日深夜まで仕事をする人は、慢性の睡眠不足で悩んでいる人も多いと思います。

そんな徹夜での仕事が多くなる人にお勧めしたい睡眠法がアンカースリープです。

アンカースリープというのは、一度にまとめて取れない睡眠を、小分けに分けてとると言う睡眠法です。

我々人間の眠りには、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

浅い眠りのレム睡眠の時は、体だけが眠っている状態で、ノンレム睡眠時には大脳までが休息に入ります。

身体の疲れをとるためには、ノンレム睡眠がとても大事になります。

ノンレム睡眠は寝始めの頃に沢山あり、夜明けにかけてレム睡眠が多くなり、浅い眠りになります。

アンカースリープは、リズムを整える為に同じ時間に睡眠をとる必要があるので、午前0時から5時の間に、4時間ぐらいの睡眠をとるようにします。

この睡眠で質の良いノンレム睡眠をとります。

そして昼間の3時ぐらいまでに、15分から20分ぐらいの仮眠を数回とる事で、足りない睡眠を補います。

このアンカースリープの睡眠リズムにすれば、徹夜仕事も無理なくこなせるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です