まくらを変えるのも短眠に効果的

まくらが変わると眠れない!
旅行に行くにも、自分のまくらを持っていかないと眠れない。

これほど「まくら」というのは、睡眠に大切な寝具です。

短眠に成功する為には、いかに短い睡眠で熟睡ができて、
質の良い睡眠をとれるかがポイントとなります。

その為にまくら選びが重要になってきます。

熟睡出来ない
睡眠の質が悪い

と思っている人は、今使っているまくらを見直してみましょう。

ではどのようなまくらが安眠、熟睡できるのでしょうか?

まくらで大事になってくるのは、硬さ・高さ・放熱性・吸水性になります。

まずは適度な硬さのある枕を選んでください。

まくらは頭を支えてくれるものなので、適度な硬さがあるほうが頭をしっかりと支えてくれます。

次にまくらの高さですが、まくらの高さは、睡眠時も立っているのと同じ姿勢でいられるような高さが基本になります。

低すぎたり沈みこむような枕ですと、頚椎に負担がかかり脳の血流を悪くします。

逆にまくらが高すぎると首が反り返り、首を痛める原因になります。

放熱性と吸収性も重要で、寝るときに熱がこもったり吸収性が悪いと、熟睡しにくくなりますので、この2つにも気をつけて選んでください。

枕コーナーに行くと色々な種類のまくらがありますが、プロに頼んで熟睡できる物を購入してください。

短眠に取り組むなら、熟睡できるまくらに変えて、短眠に成功してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です