良い睡眠は脳と体を休める睡眠法

睡眠時間は充分だったのに、どうもすっきりしない。
体が何となくだるい。

こういう事ってありませんか?

これは、睡眠時間が長くても、脳と体を充分に休める睡眠になっていないからです。

我々の睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があり、この2つの睡眠が繰り返されているのです。

その周期は、大体90分くらいの周期です。

レム睡眠は体を休める睡眠と言われ、血圧が下がり心拍数が減少してリラックスした状態になります。

レム睡眠中に肌の美白効果や、怪我の回復等の体の回復を改善します。

そして、ノンレム睡眠の役割は、脳を休める睡眠です。
ノンレム睡眠中に脳を休ませる事でストレスを解消し、精神的な安定と心のバランスを整えます。

レム睡眠もノンレム睡眠も次の日に疲れを残さない為には、大切な睡眠です。

朝、気持ちよく目覚める為には、2つの脳波がしっかりと繰り返される必要があります。

その為には、睡眠前のリラックスと、寝る3時間前までに食事を済ませる事が大切です。

良い睡眠で、脳と体を休めて翌朝には、疲れ知らずの身体になりましょう!

今までの睡眠方法から心身共に休息できる睡眠方法に変えませんか?

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です