4時間睡眠でも眠くならない睡眠法の秘訣

1日の睡眠時間が4時間でもいいという、短眠法!
忙しいいビジネスマンにとって、使える時間が増えるという短眠法は魅力ですね。

もし4時間の睡眠で一日を元気に過ごせるなら嬉しいですよね。

これが出来るのが短眠法です。

正しい短眠法で睡眠すれば、1日たったの4時間の睡眠時間でも、昼間に眠くなる事もなく、元気に過ごせるのです。

では正しい短眠法での睡眠とはどういう睡眠でしょうか?

それは、一言で言うと「質の良い睡眠」になります。

質の良い睡眠とは、深い眠り(熟睡)の時間をしっかりととることです。

我々人間の睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を一晩に数回繰り返しています。

この睡眠サイクルの中のノンレム睡眠を充分にとれば、翌朝に疲れは残りません。

逆に睡眠時間が長くても、だらだらとレム睡眠を繰り返していたのでは、脳をしっかりと休ませる事ができません。

ノンレム睡眠を充分とるためには、いくつかの工夫が必要です。

その工夫とは、夕飯をあまり食べ過ぎない事や、寝る前にはテレビやPCを控え、半身浴や好きな音楽を聴いて、気持ちをリラックスさせてから布団に入る事です。

それから、朝は這ってでも起きるような習慣にする事です。

最初は起きづらく、眠くて苦しいですが、慣れれば苦にならなくなります。

正しい4時間睡眠の方法で寝ないと、次の日寝不足になってしまいますので、気をつけてください。

4時間で疲れがとれる睡眠方法に興味ないですか?

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です