短眠で資格試験にチャレンジ

資格試験にチャレンジしている人は、毎日時間が足りなくて大変でしょう。

私も資格試験を受ける時は、時間の捻出が大変でした。

一番手っ取り早く時間を捻出する方法が、睡眠時間を削る事ですが、そうするとどうしても昼間眠くなって、仕事に差し支えてしまいます。

何とかして、昼間の仕事には影響せずに、資格試験を勉強する時間を捻出する方法がないかと思っていました。

そこで見つけたのが、短眠です。

短眠と言うのは、6時間以下の睡眠でも寝不足にならず、しっかりと疲れもとれるという方法です。

資格試験受験中にこの方法に出会っていたらどんなに良かった事でしょうか。

さて、短眠の方法ですが、人間の眠りには、レム睡眠と言う浅い眠りと、ノンレム睡眠と言う深い眠りが交互に訪れます。

レム睡眠は体の疲れをとる為の睡眠になり、ノンレム睡眠は脳の休息の為の睡眠になります。

もちろんレム睡眠も大事なのですが、疲れが取れたと感じて次の日の目覚めが良いのは、ノンレム睡眠がしっかりとれた時になります。

長時間睡眠をとっても、長くなるのはレム睡眠の時間が多いので、短眠にしても、ノンレム睡眠の時間は同じくらい確保できます。

つまり短眠でもしっかりと熟睡ができれば、長時間寝ている人と同じ程度の睡眠の質が確保出来るのです。

短い眠りでも寝つきがよく、熟睡できていれば、短眠でも毎日寝不足にならずに過ごせるのです。

短眠では、寝付きが大切です。寝つきを良くする為には、寝る1-2時間前のリラックスタイムと、食事やタバコを控えて気持ちを静かに落ち着かせる事が大事になります。

短眠をマスターして、資格試験を目指しませんか!

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です