睡眠時間を減らすには胃腸の負担を減らすこと

毎日やることがたくさんあって、忙しい現代人にとって、睡眠時間は大切です。

睡眠時間は、1日の疲れをとって、心身をリフレッシュさせるという意味でも、又、時間を有効に使うという意味でも大切です。

時間を有効に使うという点では、毎日8時間寝ている睡眠を3時間から4時間減らす事が出来れば、一日をもっと有効に使えるようになりますね。

しかし、睡眠時間を減らすと寝不足になるのではないかという事が心配ですね。

睡眠時間を短くして、かつ、身体の調子が良くて朝の目覚めが良くなる方法があればいいですね。

この睡眠方法は短眠と言われていて、短い睡眠でも1日元気に過ごせるという方法です。

短眠は、睡眠時間を短くしますが、短い睡眠時間でも質のいい睡眠をとるので、長時間睡眠の時よりも体調が良くなるのです。

質の良い眠りというのは、深い眠りについている時間がしっかりとある事です。

深い眠りとはノンレム睡眠の事で、ノンレム睡眠では脳も体も休息状態になります。

短眠では、短い睡眠時間の中でも、このノンレム睡眠の時間を充分とることが大切です。

その為には、就寝前には食事をとらないことです。食事だけでなく、スナック類も食べないことです。

何故なら、就寝前に胃に食物が入っていると、この植物を消化する為にエネルギーを使い、熟睡できなくなるからです。

早く熟睡して、早くノンレム睡眠の状態になる為には、なるべく寝ること以外にはエネルギーを使いたくないので、寝る3時間位前からは食事をとらないようにします。

又、夕食の量も8分目ぐらいに抑えた方が、熟睡の為には良いので、実践してみてください。

なるべく胃腸の負担を減らすような食事の仕方が、短眠に繋がります。

沢山食べ過ぎない事が睡眠時間を短縮できることをご存知ですか?

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です