睡眠の質を上げるには仮眠と休憩が大切

短眠を実践するには、質の良い睡眠が欠かせません。

質の良い睡眠というのは、脳と体が充分にリフレッシュできる睡眠です。

この為には、夜ぐっすりと良質な睡眠を取ることが必要ですが、これには夜の睡眠だけでなく、昼間の仮眠も効果的です。

人間は1日に2回の眠気がくると言われています。
1度目は昼過ぎで2度目は夜です。

この1度目の眠気がきたときに仮眠をとる事で、脳を休息させて、夜の睡眠の質もあげることができるのです。

昼の仮眠は夜の睡眠の1~2時間に相当すると言われています。

昼間の仮眠は、午後の仕事の能率を上げ、夜の睡眠の質も上げるといいことだらけの様ですが、昼間の仮眠のとり方を間違えると夜の睡眠にも悪影響がでてきます。

昼間の仮眠のとり方で良くないのは寝過ぎです。

昼間の仮眠の時間は、5分から20分くらいが最適です。

20分以上長く眠ると、仮眠ではなくて睡眠になってしまい、起きる事がつらくなり、起きた後もぼ~っとしてしまいます。

これは、睡眠の中でも深い眠りのノンレム睡眠にんってしまうからです。

睡眠は90分間の中で、眠りの浅いレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を繰り返しています。

最初にレム睡眠があり、その後深い眠りのノンレム睡眠になります。仮眠を長時間とってしまうとノンレム睡眠中に目覚めてしまい、起きた時に余計に頭がボーとしてきます。

レム睡眠中に目覚める為には、仮眠は、長く寝ても20分までにしましょう。

上手な仮眠は、午後の時間を有効にするだけでなく、夜の睡眠の質も上げてくれるのです。

仮眠を効果的に使って、快適な睡眠ライフを実践しましょう。

【無料】短時間睡眠になる秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です