朝の目覚めには効率のいいノンレム睡眠を!

朝の目覚めはすっきりしていますか?

何となく毎朝の目覚めが悪い。
毎朝、いつまでも布団から出られない。
毎朝気持よく起きるには、どうすればいいのだろうか?

この様に、毎朝の目覚めをすっきりさせたいと思っている人はたくさんいます。

毎朝の目覚めを良くするにはどうすればいいのでしょうか?

毎朝の目覚めをよくする為には、質の良い睡眠をとる事が大切です。

そして、質の良い睡眠をとるためには、効率のよいノンレム睡眠を確保する事が必要です。

では効率の良いノンレム睡眠を確保するにはどうすればいいのでしょうか?

通常、我々が眠っている時には、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

レム睡眠というのは浅い眠りで、体の疲れや肌の再生が行われます。

一方、ノンレム睡眠は3段階に分けられる深い眠りで、1番深い眠りの時は、大脳も休息している為、少々の事では目覚めません。

ノンレム睡眠とレム睡眠は交互にあるのですが、良い寝方をすると入眠3時間以内にノンレム睡眠がきて熟睡します。

このタイミングで脳を休めてあげると次の日の朝、目覚めがとてもよく、効率の良いノンレム睡眠を確保できた事になります。

つまり、質のいい睡眠を確保するには、寝付きを良くする事が大切です。

寝入りに熟睡する為には、睡眠前のリラックスが効果的なので、寝る1、2時間前には心身ともにリラックスするのがいい事です。

効率のいいノンレム睡眠で、朝の目覚めを良くしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です