英文も速読出来る速読法は?

速読というと、日本語の文章が早く読めるようになるというイメージがありますが、速読で外国語、例えば英語も早く読めるようにならないものでしょうか?

従来の速読では、文章をイメージ化してインプットするという右脳速読法が主体でした。

この右脳速読法では、文章をイメージ化しないといけないので、英文を速読をする時のネックになっていました。

英文をイメージ化するには、英文を日本語に置き換えて、それからイメージしないといけないので、まずこの英語を日本語に置き換える時点で時間がかかります。

そうすると速読をしても英文が早く読めるどころか、逆に遅くなってしまうという事にもなりかねません。

英文を日本語に瞬時に置き換えられる程、英語に熟練していればいいでしょうが・・・・。

では、英語は速読できないのでしょうか?

速読法には、右脳速読法だけでなく、左脳速読法という方法もあります。

左脳速読法というのは、文字通り左脳を活用した速読法です。人間の左脳は、情報処理をする働きがあります。

この左脳の情報処理能力に働きかけるのが左脳速読法なので、左脳速読法では、左脳の働きが活発になって情報処理能力がスピードアップするのです。

そうすると、理解力や記憶力も良くなって、英語でも速読する事ができるのです。

左脳速読法の特長を活かせば、単なる速読だけでなく、言葉にしても計算にしても、問題文を読む力にしても、今以上の力を身につけることができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です