受験勉強に効果的なのは速読で繰り返し読むこと

受験勉強や試験勉強では、覚えることがたくさんあって、本当に大変です。

たくさんの事柄を効率的に覚えられる何かいい方法はないものでしょうか?

勉強をしても、なかなか覚えられなくて困っているという人が多いですが、元来、人間の脳は30分くらいすると、折角覚えたことの40%ほどは忘れてしまうと言われています。

この忘れてしまう記憶を定着させるには、反復が必要です。記憶には反復が必要だとわかっていても、時間がなくて、なかなか反復は出来ないものですね。

1日のうち、受験勉強に使える時間を増やそうと思っても、1日は24時間しかありませんから、何かの時間を削らないことには、反復にあてる時間は捻出できません。

それなら、同じ時間で、情報の入力速度を上げることができればどうでしょうか?

これが可能になるのが、「速読」です。

速読が出来るようになると、今まで文章を読むのに1時間かかっていたところを、10分程度で読めるようになります。

そして、速読の中でも、左脳速読法なら、文章を早く読むだけでなく、記憶力も良くなるので、一石二鳥です。

速読が出来るようになると、受験勉強や試験勉強などの限られた時間の中で、多量の情報を読んで、理解し、記憶するという事が出来るようになるのです。

速読をマスターすれば、僅かなスキマ時間でもかなりの事柄を記憶することが出来るようになってきます。

速読に興味があれば、これを読んでみてください。

【無料】スキマ時間で出来る、新世代の速読法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です