スキマ時間の活用には速読が有効

1日24時間というのは、万人に共通に与えられている時間です。

この限られた時間を有効に使いたいものですね。

毎日、石が如く働いていると、「もっと時間が欲しい」と思うものです。

受験生にしても、「もっと時間があれば、更に上のレベルを目指せるのに」と思うものです。

しかし、「忙しくて時間がない」という人の時間の使い方を見ていると、実際は「スキマ時間」という時間が結構あるものです。

スキマ時間というのは、何かと何かの間の時間で、未時間細切れの時間なので、このスキマ時間があっても何も出来なくて、勿体ないものです。

そんなスキマ時間を有効に活用できるのが、速読です。

スキマ時間がたったの10分だとしても、速読ならかなりの文章を読むことができます。

スキマ時間を活用出来る速読の中でも、ビジネスマンとか受験生におすすめなのが、左脳速読法です。

左脳速読法は、論理的な脳である左脳を使った速読なので、速読した内容をきちんと理解して、記憶しておくことが出来る速読法です。

すきま時間が活用できるかどうかは、自分次第です。

左脳速読法をマスターして、スキマ時間を有効に活用しませんか?

スキマ時間を有効に使えるようになれば、今までの24時間が、27時間文にも、30時間分にもなるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です