左脳速読法なら1時間で身につけられる

速読を身につけたいけど、マスターするまでには時間がかかって大変だろうな~

こう思っている人がたくさんいる様です。

速読のイメージは、「確かにマスターすれば便利だけど、マスターするまでに時間がかかるので大変」というものではないでしょうか?

速読というと難しいというイメージを持っていることも多く、実際にマスターするまでに挫折することがあります。

今までの速読では、普段使っていない右脳を使う方法が主流であったので、身につけるにはかなりのトレーニングが必要でした。

しかし、速読法には、右脳を使うものばかりではなく、左脳を使うものもあります。

左脳というのは、普段自分の脳の中で、文字情報を認識したり、計算したりする時に使う脳なので、毎日の生活で必ず使っているものなのです。

右脳と左脳の違いは、右脳は感性、イメージ脳と言われているだけあって、イメージとしてとらえれば、インプットのスピードは左脳より格段に早いです。

しかし、左脳派、記憶したり、理解したりすることに優れています。

ですから、速読をして、文章の内容を理解し、記憶するには、左脳速読法の方が優れているのです。

その上、この左脳速読法は、右脳速読法に比べて、マスターするのが簡単なのです。

左脳速読法なら、基本は1時間でマスターできます。
その後、自分でトレーニングすれば、速読のスピードが上がってきます。

今まで速読にトライしたけど、途中で挫折したという経験があるなら、今度はこの左脳速読法を試してみませんか?

→ 【無料】スキマ時間で出来る、新世代の速読法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です