レーシック手術の危険性

レーシック(LASIK)とは、マイクロケラトームと呼ばれるもので角膜表面をスライスしてフラップ(蓋)を作り、それをめくって角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の屈折異常を矯正する手術のことです。

レーザー照射後、フラップを元に戻すため、痛みが少なく、術後の回復の早いのが特徴です。

アメリカでは毎年100万人もの人が手術を受けていて、かなりポピュラーな近視治療手術として定着し始めています。

レーシックには、元々の基本となる方法以外に、イントラレーシックやエピレーシック(Epi-LASIK)、ラセック(LASEK)などさらに進化した種類がありまsy.

レーシックの初期の頃は、重度の乱視の人や強度近視、老眼の人はレーシック手術が困難でしたが、これらの進化したレーシックの種類にて適応範囲が広がりつつあります。

レーシックは外科手術の中では安全な手術だと言われていますが、それでも、術後に合併症などのリスクがあること、角膜が薄くなるぶん変形しやすくなり、視力の変動が見られることがあります。

レーシックの術後の合併症で最も多いのは、ドライアイです。これはフラップの形成により、角膜中心部の知覚神経が切断されてしまうために起こるもので、レーシック後およそ3割の人がドライアイを感じていると言われています。

ドライアイ以外にも、ものが二重に見えるゴースト現象や、夜、光が滲んで見えたり、まぶしく感じたり、グレアが現れたりすることがあります。

これは瞳孔を開く大きさよりもレーザーの照射口径が小さい場合に起こる現象です。

他には、結膜下出血(白目の表面に出血を起こす)もレーシック手術後によくある合併症です。

レーシック手術を受ける前には、合併症や失敗のリスクをよく理解して、医師とよく相談の上、手術を受けるようにしてください。

レーシック手術は自由診療なので、その費用は眼科やクリニックによって大きな差があります。

安いところでは両目で10数万円の所もありますし、高いところでは70万円ほどになるところもあります。

高ければいいとい訳でもないし、レーシック手術を受ける時は、費用だけでなく、その評判も良く調べてから決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です