Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

PART7を回答するポイント

2013.1.19|TOEIC

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

Pocket

PART7を回答するポイント今回は、PART7の回答方法を紹介します。

リーディングパートでは、文法や単語、速記など難問が揃っていますね。

しかし、「SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE」に書いてあったテクニック法を使えば、動詞・単語・文法など難しく考えなくてもスコアを上げることが出来るのです。


TOEICの設問は全て平等に点数が与えられていますが、その難易度は設問によってかなり変わってきます。

通常は、弱⇒強⇒弱という風に各パートごとに設問のレベルが変わりますが、PART7では難しい問題とかんたんな問題の差が激しいのです。


ですから、PART7を解く時は、難しい問題を考え込んでしまって時間を無駄にしない様に、簡単な問題からとりかかりましょう。

まず一番最初に解くべき問題は、

■具体的かつ特定の質問がある問題です。

where did X come from?
(Xはどこから来ましたか?)
例を見るとXにだけ絞って問題文を探せばいいので早く回答でき、かつ簡単な問題です。


■語彙の質問

The world X in paragraph 2 line 5 is closest in meaning to =====.
(単語Xの段落2の五行目の意味は)
単語の位置を教えてくれていますし、意味が分からなければ周りの単語から推測します。


■ 目的 概要系の質問

what is the purpose of this memo?
(メモの目的は何ですか?)
文書の概要についての問題です。文の全体を読まなければいけないので、長文の場合は出だしの文章と最後の文章だけを読むと答えがある場合が多いです。



このようなTOEICの問題文を解く「コツ」が
「SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE」
では128Pに渡って紹介されています。

TOEICのスコアアップの為に、ぜひ手にとってみてくださいね。
⇒ 「SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE」

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。