Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

30日で英語耳になる方法とは?

2013.2.3|TOEIC

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

Pocket

30日で英語耳になる方法とは?



”ヒアリングするだけ” の英語バイリンガル育成プログラム

これから「30日で英語耳になる方法」についてお話したいと思います。

今までに2000人以上の方が「英語耳」を手に入れ、
そして、バイリンガルになることができた方法です。

その方法とは、
>> 2000人以上の方が30日で英語耳を手に入れた方法


■ 12歳になるまでの生まれ育った環境で
英語のスキルはほぼ決まりますが…

人間は、生まれてから3才くらいまでは全ての音を
聞き取ることができ、4才を過ぎてからもまだ全ての音を
聞き分けることができます。

でも、言語に敏感な4才から11才までの間に育った環境で
言語への適応能力が決まってしまうと言われています。

そして、12才を過ぎてしまってからは、英語をいくら聞いても
日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります。

■ しかし、米国の言語学者スコットペリー先生が
遂に、その「壁」を取り払うことに成功しました!

実は、アメリカ人言語学者のスコットペリー先生が
「今までの常識」をくつがえしました。

スコット先生は、日本人に15年間、英語を教えながら、
常にどうすれば日本人が、日本語にない英語の音を聞き取れるか
ということを研究してきました。

そして、他の言語学者、医学博士、語学講師、サウンドエンジニア
などの科学者たちのグループの協力を得て、リスニングパワーという
日本人のための英語耳育成プログラムを開発しました。



英語耳育成プログラム「リスニングパワー」


短期間繰り返しリスニングパワーを聴くと、子供のころから眠っていた
ヒアリング能力が目覚めます。

リスニングパワーは、さまざまな英語特有の発音に焦点を当てています。

英語に存在し日本語には存在しない10の母音と、英語を速く話すときに
生まれるさまざまな発音を重視しています。

リスニングパワーを聞くことで、普段、日本語の音に慣れている日本人の耳を、
2週間で集中的に鍛え、英語耳にします。

2週間、リスニングパワーを聞き流すだけでも、今まで聞こえなかった
英語の音が耳に入ってくる感覚を体感することでしょう。

■ なんと大人になってからでも
英語耳を作れる秘訣は●●●にあった

なぜリスニングパワーを聞きながすだけで、大人になってからでも
英語耳ができるかというと、実は、その秘密は「周波数」にあります。

英語と日本語では周波数が異なります。

日本語の周波数は、英語に比べて低く、世界の中でも一番低い周波数の
部類に入ります。

その一方、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。

日本語の最高周波数が1500ヘルツであるのに対し、
英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなので、
周波数に関しては、日本語と英語では交わるところがないのです。

ヨーロッパ人など他の民族に比べて日本人が英語に弱い理由は
日本語の周波数にあったのです。
英語はある時、いきなり聞こえるようになります。

その感覚を最短で得ることができるのがリスニングパワーです。

>> リスニングパワー



あなたもリスニングパワーを2週間、聞き流して、
2週間後に、字幕なしで映画を観て英語耳を実感して下さい。

さらに今なら、「英語がゆっくりと聞こえるようになる」
ナチュラルスピードという特典もついています。


リスニングパワーを手に入れるにはこちらへ
>> リスニングパワー



30日で「英語耳」と「ネイティブ発音」が同時に身につく方法とは?

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。